ブログ

院長ブログ

2017年7月29日 土用の丑


 7月25日は土用の丑の日でしたね。我が家でもうなぎを食べました。
「土用の丑って何?何でうなぎを食べるの?」と最近何事にも興味津々の
息子の質問。
 いつも何気なく行っていることが、確かに何だろう?なぜだろう?と
私自身も考えさせられることがよくあります。

 今回は土用の丑についてのお話しです。

 土用の丑の日といってうなぎを食べているのは夏ですが、実は「土用の丑」は
夏だけではないのです。

土用とは...立春、立夏、立秋、立冬の前の18日位の期間です。

 土用は土公神(どこうじん)という土の神が支配する期間と言われていて、
引っ越し、造園、土木工事、エクステリア工事などの土を動かすことは
土公神を怒らせてしまうのでやらないほうがよいと考えられています。
土用の期間は季節の変わり目で体調を崩しやすいのでこの時期はなるべく
体を休めましょうという事からきているようです。
しかし土用の期間中でも土を心置き無く触れる「間日(まび)」という日が
あるので全くできないわけではないんですね。

丑の日とは...十二支の子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、兎(う)・・・・の丑のことで
年を数えるときに使われるだけでなく、方角、日にちを数えるのにも
使われています。

 つまり約18日間の「土用」の期間のうち、12日周期で割り当てられている
十二支が「丑の日」が「土用の丑」なのです。8月6日も土用の丑の日にあたり、
今年は2回あります。

 ではなぜ土用の丑の日にうなぎを食べるようになったのでしょう?
素朴な疑問ですよね。

 その由来には諸説あるようですが、有名なものをご紹介します。

 江戸時代に万能学者であり発明家の平賀源内が、うなぎ屋がうなぎが
売れないで困っていることを相談され、店の前に"本日丑の日、うなぎの日"
という張り紙をしたのです。これが大当たりしてうなぎ屋は大繁盛したそうです。
これを他のうなぎ屋もこぞってマネするようになり、次第に「土用の丑の日は
うなぎの日」という風習が定着したようです。

 しかしうなぎの旬は実は冬だと知っていましたか?
売れないうなぎの販促のために、旬でない夏にうなぎを食べるという
風習を根付かせたという説が有名なようです。

 丑の日にちなんで「う」から始まる食べ物を食べると病気にならないという
言い伝えがあったようです。梅干し、瓜、うどんなど食の細くなる
夏に食べやすいものですよね。
 栄養のあるうなぎを食べて、夏バテを吹き飛ばしましょう!

 何気なく行なっていることも、歴史的背景や奥深い意味があるのですね。
息子の質問に一緒に考えてみるのも楽しいものです。

 暑い夏、皆さんも体調を崩さないように乗り切ってくださいね!!

2017年5月 7日 LEGOLAND


皆さんもうレゴランドには行かれましたか?
私は張り切って年間パスポートを買い、もう2回行きましたよ!
自宅から車で30分くらいで行けて、気軽に遊びに行けます。

レゴランドのターゲットは2歳〜12歳と言うだけあって、3歳の息子は車、
飛行機、船などたくさんの乗り物に乗り、1歳の娘は小さい子供も遊べる
エリアで遊んでいました。
また、大人も国内の名所や街並みが全てレゴで作られているミニランドで
楽しめます。近づいてよく見ないとレゴだと気が付かないくらいの完成度の
高さです!なので家族みんなが楽しめるテーマパークでした。
規模も比較的コンパクトなので小さい子供を連れて行くのにちょう
良かったです。
週末でもまだあまり混雑してなかったのですが、2回行ってもまだ見れていない
ところ、乗れていないものもいくつかあります。
レゴランドは乗り物だけではなく大人も子供も参加できる体験型プログラムも
充実しているようなので、次回は是非チャレンジしてみたいです。

来年にはレゴランドホテルと新しいアトラクションが完成するようで、
何度も足を運ぼうと思います。

できたら暑くなる前に行けたら良いなと思います。

2017年2月19日 冬なのにはやり目が流行ってる!?

最近診療で感じる事は、はやり目(流行性角結膜炎)の患者さんが
多いという事です。
はやり目の主な症状としてまぶたの裏側のブツブツや充血、まぶたの腫れ、
流涙、目やに目の痛みなどがあります。感染して7~14日で発病します。

例年、プールでの感染もあり夏に流行しやすいのですが、今年は珍しく
冬にも流行っているようです。

治療は細菌の混合感染を防ぐ目的で抗生剤の目薬を、炎症をやわらげる目的で
ステロイドあるいは非ステロイド系の目薬を点眼しますが、
はやり目の原因であるアデノウイルスに直接効く薬がないので、
良くなるまでに約2〜4週間くらいかかります。

重症化すると角膜に傷がついたり、まぶたの裏に膜(偽膜というもの)が
できる事があり特に注意を要します。

目の症状以外にも耳前リンパ節が腫れ、触ると痛みを伴う事があります。
発症は1〜5歳を中心とした小児に多いとされていますが、成人も含めて
幅広い年齢でかかります。

予防としては目から目への感染でかかるものなので、手洗いをしっかりして、
周りに疑わしい人がいたら、タオルを介してもうつるのでタオルを別々にしたり、
はやり目の人はお風呂を最後にしたりシャワーだけにするといいです。
潜伏期間が1〜2週間程度あると言われているので、症状が出ていない人も
しばらくは注意が必要です。

当院でも家族や幼稚園での感染が多くみられます。
身近な所でかかりやすいので、一人一人が気をつけて管理する事が
感染の拡大を防ぐのに大切です

今の季節は目の病気だけでなく、インフルエンザなども流行っています。
手洗いやうがいをしっかりして体調管理に気をつけて残りの冬を元気に
乗り切りましょう。

2017年2月 5日 いよいよ花粉シーズン到来!


2月に入りスギ花粉によるアレルギー性結膜炎の目薬が欲しいと院される
患者さんが増えてきました。
愛知県のスギ花粉前線予測によると今年のスギ+ヒノキの飛散量は、
昨年より多く例年並みだそうです。

花粉が飛び始める約2週間前、または少しでも症状が現れた時点で
抗アレルギー薬の点眼を開始する初期療法があります。

初期療法のメリットとしては、
①花粉が飛び始めた後、症状が出る時期を遅らせることが期待できます。
花粉飛散ピーク時のつらいアレルギー症状を軽減することが期待できます。

愛知県は2/15〜20頃から飛び始める予想ですのでそろそろ準備をすると
いですね。

抗アレルギー点眼薬による治療はかゆみや充血などの症状が弱くて
花粉シーズンが終わるまで続けることで安定した効果を得ることが期待できます。

初期療法を行って、少しでも快適に花粉シーズンを過ごしましょう!

2016年11月 7日 「一流の育て方」

ぐんと涼しくなって、朝夕は寒いくらいですね。
食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、皆さんはどの様な秋を楽しんで
いらっしゃいますか?

私が最近読んだ中でオススメの本は「一流の育て方」(ダイヤモンド社)です。
これは子育ての本ですが、それだけにとどまらずビジネスやあらゆる分野での
成功に必要なリーダーの育成にもつながる本であり、自分の子どもの子育て、
スタッフ育成、そして私自身にも参考になりました。

この本の中で特に私にとっての学び・気付きがあったのは「グリット」と
「コミュニケーション能力」です。

「グリット」という言葉は最近よく目にしたり、耳にしたりします。
「これはあきらめずに最後までやり抜く」という精神力です。学力やIQの高い
「賢さ」よりも、「モチベーションと根性」が人生の成功を左右するとありました。
このグリットを養成する為にどの様なことをすればよいのか。
それは「挑戦させること」そして「失敗してもすぐ起き上がれる方法を
教えること」です。

特に印象的だった言葉は"挑戦すれば失敗はつきものだ。
そして失敗にめげる人は挑戦自体をやめてしまい、成長が止まってしまう。
これに対し、失敗しても挫折せず、なぜ失敗したのかを考えて学ぶ習慣のある人は、
失敗を成長の糧としてさらなる成長を遂げるのである。"
子供達にも、失敗することを恐れずにどんどんチャレンジして欲しいですし、
失敗からたくさんの事を気付き、学んで欲しいと思います。

次に「コミュニケーション能力」ですが、まずこの言葉を聞いて私は「話す力」
最も重要なのかなと思いました。が、「聴いて相手を理解する力」が一番重要な
コミュニケーション能力だと書いてあり自分にとって新しい発見でした。
確かに相手が何に困っていて、何を必要としていて、何に不満を持っているのか
良く聴いて、相手のニーズに応える事ができなければ、いくら素晴らしい事を
論理的に話したとしても相手の心に響きませんね。

この本の中で大切なのは自分の視点を離れて、相手の視点と立場に立ち、
相手に感情や価値観、異なる思考のフレームワークや異なる事実確認を
理解しながら合意形成を達成するのが「一流のコミュニケーション能力」
だとありました。
なるほど!家庭でも仕事でもちょっと意識してみようと思います。


一流な人に育てる教育法が詳しく分かりやすく書いてありとても勉強になりました。
この年齢になってもまだまだ学ぶ事が多く成長できそうです。
子育て、スタッフ育成、そして自分自身にも「一流」に近づける人間力を
つけられたらいいと思います。

2016年8月29日 リオ五輪

リオデジャネイロオリンピックが閉幕しました。
日本は過去最多である41個のメダルを獲得し、沢山の勇気と感動をもらいましたね。
12時間の時差のため競技が夜中にかかり、お盆休みの間は白熱する試合を
ついつい観入ってしまって睡眠不足気味したが、素晴らしい内容と結果に
興奮し気持ちは高まっていました。

その中で特に私の印象に残っているのは...

男子400mリレーの銀メダル!!
一人一人のタイムからみるとメダルに届くとは世界中が予想していなかったですが、
見事なチームワークとバトンパスの良さでアメリカ、カナダの強豪を破っての
初の銀メダルという結果となりました。個々のスピードでは劣るものの、
リレーというチームでの競技だからこそ、息の合った日本の強みを最大限に
生かすことで大きな力が生まれメダルを獲ることができたのでしょう。


バトミントン女子ダブルスの逆転しての金メダル!!
この競技は初の金メダル。タカマツペアの高橋選手は姉御肌でパワー系、
松友選手は冷静でスピードが光るという異なった良さを持っているそうで、
高校時代に当時の監督が「全く違うタイプの方が合う」とペアを組ませ、
お互いの長所を出し合い、弱点を補い合う相性抜群のペアになったようです。
世界一の連係」、それが強さの秘訣ですね。


テニス男子シングルス 錦織選手の銅メダル!!
これは96年ぶりの快挙です。ちなみにオリンピック競技で日本の第1号の
メダルを獲得した競技はテニスだったそうです。
今回対戦相手のナダル選手との今までの対戦成績は1勝9敗です。
その相手に思い切り立ち向かい勝利しました。試合は最終セットまでもつれ、
終盤相手に押されていましたが、12分の長いトイレブレークをとったことで
その後の流れを変えました。
一部批判はありましたが、大舞台の場であっても自分のペースを崩さず、
相手のメンタルを刺激するのも一つの大事な要素なのかもしれません。

オリンピックという特別な舞台で、プレッシャーもかかる中、実力いや
実力以上を発揮している選手たちは、精神的にも肉体的にも技術的にも
あらゆる面で強くなければ世界の頂点に立ちメダルをもらうことはできません。
本当にすごいことですね。

4年後の東京オリンピックでは日本選手の更なる活躍に期待が膨らみます。
ぜひ今回の史上最多のメダル数を更新して欲しいですね。

がんばれ ニッポン!!

2016年6月13日 患者さんの多国籍化

最近、ホテルや地下鉄の中など、街の至る所で外国の人を
見かけるようになったと思います。

日頃診療していても、以前は南米系の患者さんがたまに来院される
程度だったのが、最近は中国を始めアジア系の外国の方が明らかに
増えていると感じます。

大体付き添いの方がいて、その方がある程度日本語が話せるので
今のところ診察に困る事はないのですが、受付では問診票を完成させるのに
1人のスタッフが付きっきりになり、受付の人手不足が起こってしまっています。
今後はさらに多国籍の患者さんが増える事が予想されるので、
来院される患者さんの国や言語を調査して、問診票もいくつかの外国語対応
ものを用意しようと思っています

更に、最低限の単語は覚えておくと診療もよりスムーズにいくと思うので
院内の勉強会などで全スタッフが少しは対応出来るようにしていきたいと
思っています。

街の看板、地下鉄の中のアナウンスにも最近は英語だけではなく中国語、
韓国語、ポルトガル語なども目にしたり、聞こえてきたりします。
当院も外国の方にも優しいクリニックを目指していきたいと思います。

2016年4月17日 10周年を迎えました


当院は4月3日に開院10周年を迎えることができました。

思い起こせば10年前、元々開業医になる事を考えていなかった私が
「患者さんのニーズに最大限応えられるクリニックを作りたい」
という思いを胸に春日井の地で開業しました。

開院当初は今までになかった医師以外の業務が増え大変な時期もありましたが、
クリニックとしての新スタンダード、「今までにないクリニックを築き上げる!」
という信念を持ち続けていたからこそここまでやってこれたと思います。

とは言っても、私の思いだけでここまでたどり着けたのではなかったことは言うまでもありません。
患者さん、スタッフ、家族、沢山の方に支えられてこそ、困難を乗り越え、ここまでやってくる
できたことを感謝しています。

「現状維持は衰退への道」と言われますように、変化がないということはいずれ衰退していきます。
日々少しずつでもいいのでクリニック全体が成長していけるようにできればと思っています。

おかげさまでこの10年で多くの患者さんにご来院頂き、医師、スタッフの数も増え、
増築や新しい医療機器の導入もできています。これからも患者さんのニーズに
最大限応えることができるような境を作っていきたいと思います。

長いようであっという間の10年でしたが、周りの方への感謝の気持ちを忘れず、学ぶ姿勢を
持ち続け、患者さんに寄り添って、これから先10年、20年とさらに進化し続ける
浅野眼科クリニックでありたいと思います。

浅野眼科クリニック
浅野 真也

2016年2月 7日 暦の上では春ですね


今年は暖冬だと思っていたのに一月中旬頃、急に厳しい寒さが到来し
雪の日もありましたが皆さん体調崩されていないですか?

先日の雪の日に車で出勤したのですが、スタッドレスを履いていなくてスリップし
ヒヤリとしました。途中でタクシーに乗り換えようと思いましたが、
そんな日はすぐには捕まえる事もできなく、仕方がないのでゆっくりゆっくり
運転していつもの倍の時間をかけて無事到着する事が出来ました。
時間にゆとりを持って早めに家を出たので、診療に遅刻せず済んだので良かったです。
途中で事故をしている車も見かけました。慣れない雪の日は細心の注意が必要ですね。

2月に入り徐々に暖かくなってきたのでそろそろ花粉の季節の到来です。
予想では花粉の飛散量は、去年より多いけれど例年並みだそうですね。
花粉症は早めの対策が有効と言われていますので、そろそろ始めるといいと思います。

私もこの季節は花粉症で鼻炎に悩まされるので、花粉情報をチェックして
備えたいと思います。

2015年12月30日 断捨離

今年も残りわずかとなりました。
皆さんお忙しい毎日をお過ごしの事と思います。

私は最近クローゼットの中の断捨離をしました。
何年も着ていないものが沢山あり、片っ端から一着ずつ着て
捨てるものと残すものを分ける事にしました。

私はなかなか捨てれない性格、良く言えば物持ちがかなりいい方で(笑)、
大学生の時に買った服が何着もありました。体型がほとんど変わっていないようで
着れたのですが、デザインが今とは違ってどれもダボっとしていて、時代を感じ
何だか今っぽくないというか...デザインの流行も変わっていくのだと実感しました。

保存状態がかなり良くまだまだ着れそうな服もあり、若干捨てるにはもったいないなぁ
と心残りもありましたが、残しておいても着る機会がないかなと思い切って
捨てる事にしました。

なかなか捨てる事ができずタンスの肥やしになっていた物がドッサリと無くなって
クローゼットの中も私の気持ちも何だかスッキリしました。
新しい洋服が仲間入りする楽しみも出来ました。

一年の最後に断捨離をして、心機一転新たな年を迎える事ができる
いいきっかけになりました。皆さん、大掃除はお済みですか?


今年も一年浅野眼科クリニックにご来院くださいましてありがとうございました。
来年も気持ちを引き締め、常に最先端の医療、温かいクリニックを
目指して精進して参りますのでどうぞよろしくお願い致します。

浅野眼科クリニック
浅野 真也